ABAは自閉症をはじめとする発達障害に効果がある心理療法です

埼玉ABAセラピー研究所は埼玉の特別支援教育、なかでも知的障害特別支援学校において、ABA(応用行動分析学)に基づく指導・支援の普及と発展を目指して、研修やコンサルテーションを進める組織です。

ご案内

埼玉ABAセラピー研究所に関するお問い合わせは、鈴木康之(埼玉県立越谷西特別支援学校)までお願い致します。
e-mail:19570830yasusan@gmail.com

  • 新着情報
  • 第5回学習会を9月1日(日)10時より大宮ろう学園で開催致します。参加ご希望の方は「お問い合わせ」バナーよりお気軽にお問い合わせ下さい。

学習会スケジュール

  • 第5回学習会は9月1日(日)10〜12時、大宮ろう学園にて開催致します。内容はテキスト(R.G.ミルテンバーガー『行動変容法入門』二瓶社刊)第7章「刺激性制御:弁別と般化」及び第12章「行動的スキル訓練」、第19章「般化の促進」について、会員によるプレゼン及び演習などを考えております。詳しくは「お問い合わせ」バナーよりお気軽にお問い合わせ下さい。


学習会

これまでは「埼玉PECS研究会」南部勉強会の前座として定期的に行なってきましたが、諸般の事情により南部ではPECS勉強会が開かれなくなったため、ABA学習会も中断しておりました。しかし、2018年10月になって新たな参加メンバーが集まったので、同12月よりABA学習会を再開することになりました。参加メンバーは今のところ、県内の知的障害特別支援学校の先生方ですが、広く門戸を開放しておりますので、ABAに興味関心がある方はどなたでもお気軽にご参加下さい。なお、会場は会員の所属校を持ち回りで設定しており、大宮北特別支援学校、川越特別支援学校、行田特別支援学校、大宮ろう学園、越谷西特別支援学校等を予定しております。

コンサルテーション

ABAは自閉症をはじめとする発達障害の療育・教育に効果的というエビデンスがある心理療法の一つです。当研究所では、お子さんの不適切な行動が多い、適切な行動が少ないといった行動面の諸問題の解決を目指した相談に積極的に乗っております。特に、学校教育においてうまく行っていないといったケースについては、長年の特別支援学校勤務の経験を活かして、既存の学校文化に適合しながらABAに基づく指導・支援を上手に進めるノウハウを持っております。また、ABAに関する講演等も受けております。いずれも無料です。メールや電話にてお気軽にご相談下さい。

カウンター
ホームページランキング参加中

powered by crayon(クレヨン)